ごま塩オヤジの全国探訪記

これまでに出かけたところを振り返ってみました。

2011年5月 飛騨高山と白川郷

雪の立山山麓の続きです。

山を下りて、立山駅の駐車場に戻ってから、国道41号線で飛騨高山に移動。
14時過ぎに高山駅で名古屋の友人と待ち合わせ。
まずはスーパー銭湯で汗を流して、高山の古い町並みを散策して市内のホテルにチェックイン。

高山は相変わらず素敵な町ですね。

高山の町並み

一人旅の場合は、ほとんど買い食いはしないのですが、連れがいると…。

ソフト

散歩のお供

夕食は和牛の焼肉を食べに行って、コンビニで酒やつまみを買って部屋飲み。

和牛の焼肉

夕方の町並み

お酒

翌日は、朝9時にチェックアウトして、朝市を見物。

ホテルの朝食

朝市

これから白川郷に向かいます。
途中、合掌造りの遠山家住宅を見学。

御母衣ダム

遠山家民族館

白川郷では、食事をすれば駐車代無料という食堂に駐車して、歩いて集落をぐるっと一回りしてみました。

昼食

白川郷その1

白川郷その2

荻町城跡の展望台からは、集落が一望できました。
よく、これだけ合掌作りの建物が保存されているものです。
すごいの一言です。

展望台から

ソフト

帰り道、夫婦滝を見物。

夫婦滝

17時に岐阜駅に到着。
友人を降ろして、広島へ帰ります。
帰りは渋滞もなく順調に走れました。

雪山は天気が良かったせいで、火炎放射器で顔面攻撃されたみたいに 顔が真っ赤に火傷して、唇からは出血するし、大変なことになってます(泣)

真っ黒な顔



 

 

2011年5月 雪の立山山麓

GWは、ちょっとお休みをいただいて、久しぶりに雪の山に行ってきました。
といっても、単独行動なので山には登らず、ちょっと雪の中を歩いて雪山の景色を楽しむだけですが。

広島を車で午後出発して、アルペンルートに向かいます。
山陽道が何カ所か渋滞して、さらに名神もまた大渋滞で、深夜1時にやっと目的地に到着。
ケーブルカー駅の駐車場で車中泊しました。

翌朝、6時40分発のケーブルカーに乗って室堂へ向かいます。
8時過ぎに到着し、とりあえず登山届を出して、雷鳥沢のキャンプ場に下ってテントを張ります。

雪の大谷の入口

室堂からの立山

室堂からの大日岳

テント設営完了

落ち着いたところで、ちょっと気が変わって、登山届には今日は一ノ越往復、明日は下山と書いたんだけど、今日は一ノ越をやめて室堂乗越に剱岳を見に行くことに変更しました、すみません。

稜線に向け、アイゼンつけて一歩一歩登って行きます。
1時間ほどで室堂乗越に到着。
が、大日岳は目の前で迫力あるけど、肝心の剣岳はちょこんと頭が見えるだけでした。

稜線で奥大日岳をバックに

ちょこっとだけ剣岳

毛勝三山

立山

剣御前あたりまで登れば剣岳が見えるんだけど、室堂乗越よりかなり標高が高いし、単独登山でもあるし、やめておきました。
で、雷鳥沢に戻って、午後は室堂周辺を雷鳥を探しにウロウロ。

雷鳥

2羽の雷鳥

ヘリが飛んでいた

昼間は半袖でも大丈夫なのに、日が暮れると氷点下。

夕方の立山

夜、テントの中は寒く、なかなか眠れませんでした。
朝起きてみると、テントの中の水筒の水が、うっすら凍ってました。
テントを撤収して室堂ターミナルへ出発。

朝の立山

室堂へ出発

地獄谷も雪の中

雪上車

キャンプ場を見下ろす

10時の高原バスに乗って天上から地上の世界へ戻ります。

バスからの雪の大谷

バスからの剣岳

バスからの称名滝

バスからの鍬崎山

ケーブルカー

ケーブルカー立山駅の駐車場に無事に到着しました。
このあと飛騨高山観光に向かいます。(続きは後日)

2014年4月 愛岐トンネル群(愛知県)

中央線の旧線のトンネル群が、春と秋の数日間だけ一般開放されるので行ってみました。
複線電化の新線が開通して廃止になった旧線の、3号トンネルから6号トンネルまでが歩けます。

入口となる定光寺駅は、今日は快速列車が臨時停車するので、自宅の最寄り駅から30分足らずです。
定光寺駅ホームは家族連れで賑わっていました。

駅を下りて東に進むと見学入口。
ここで保険料100円を払って、線路跡に入ります。

入口

明治時代のレンガ積みのトンネルがいくつも続きます。

3号トンネル

4号トンネル

4号トンネルその2

途中の広場では、音楽会が開かれていたり、このトンネル現役時代の列車の写真が展示されていたりと、楽しめる企画になっています。

線路にあった残存物

庄内川

このトンネル群の遊歩道は、市民団体の努力で復元整備されたもので、すばらしい取組みだと思います。

5号トンネル

6号トンネル

開放されているのは6号トンネルまでなので、ここで来た道を引き返しますが、できればなんとか多治見駅まで整備して通り抜けできるようになればいいですね。

記念撮影

橋台跡で引き返し

定光寺駅ホームから

新旧のトンネル

帰りの電車

2016年4月 長崎県の桜めぐり②

長崎県にはまだまだ桜の名所があるようなので、今日も長崎県まわりで熊本に戻ることにします。
博多を朝7時に出発して、また武雄温泉へ。

楼門

武雄温泉新館

続いて大村城址へ。
石垣がよく残っています。
本丸跡は神社になっていたけど、大村城にはもともと天守閣はなくて屋敷があったそうです。

桜と土塀その1

桜と土塀その2

君が代」にうたわれている「さざれ石」がありました。

さざれ石

続いて島原半島の北西部にある橘公園へ。
川沿いの道に桜がぎっしりで、見ごたえあります。

橘神社の鳥居

桜その1

桜その2

とりあえず桜はここまでにして、あとは温泉に入って早めに熊本に帰ります。
まずは昨日に続いて雲仙温泉

雲仙温泉

小浜温泉にも。

露天風呂からは海が見えました。
ここの温泉は、高温の源泉を別府のひょうたん温泉と同じ「湯雨竹」で、適温まで冷ましているそうです。
肌がすべすべです。

小浜温泉にて

熊本行きフェリーの時間まで、島原外港からほど近いホテルの入浴施設へ。
露天からは港が見えました。
ここの温泉の売りは、高濃度の炭酸泉。
炭酸風呂は加温すると炭酸が抜けるため、源泉のままの温度になっており、水に近いかなりぬる目です。

島原の温泉

15時のフェリーに乗って帰りました。

 

 

2016年4月 長崎県の桜めぐり①

車にクロスバイクを積んで6時に車で出発。
フェリーで島原半島へと熊本港に向かったところ、なんと霧のためフェリーは欠航だって。
予定を変更して国道3号へ引き返し、陸路で長崎県に向かいます。

まずは、修学旅行以来ウン十年ぶりとなる西海橋を訪れました。
すぐ横には、新西海橋という橋もできていました。
桜は満開、見下ろす海は急流で白い渦が巻いていて、なかなかいい眺めです。

西海橋

新西海橋

ここは、写真を撮るだけのつもりだったけど、西海橋新西海橋を歩いてぐるっと周遊する遊歩道の案内板があったので、自転車で走ってみました。
新西海橋は自動車専用だけど、車道の下に歩道がついています。
下を見るとちょっと怖い。
西海橋の方は歩道が無く、歩行者は狭い路側を歩かないといけないので危ないです。
自転車でサッと通り抜けて正解だったかも。

橋の上から

記念撮影

車に戻って西海橋を渡り、西彼杵半島を西へ。
長崎県の地図を眺めていて、西彼杵半島から西の方向にいくつかの島をつなぐ橋が架かっているのを発見したので行ってみます。
橋は、半島側から寺島~大島~蛎浦島崎戸島とつながっています。
さらに、崎戸島の先には御床島という島もあるけど、無人島みたいで橋が架かっていないので、崎戸島まで自転車で往復することにします。

適当な駐車場が無いので、一つ目の橋、大島大橋を車で渡って寺島の大島大橋公園に駐車しました。

大島大橋

自転車を降ろして、まずは渡ってきた大島大橋を往復。

大島大橋走行中

寺島に戻って、次の寺島大橋を渡って二つ目の島、大島へ。

寺島大橋

橋からは、右手に大きな造船所が見えました。
大島は、このあたりの中心なんでしょうか、高校がありました。

次に中戸大橋を渡って蛎浦島へ。
高い煙突が見えたので行ってみると、炭鉱の跡でした。

中戸大橋

煙突

炭鉱記念公園

ロッコ

続いて入り江をまたぐ崎戸橋を渡って、最後に本郷橋を渡って西端の崎戸島へ到着。

崎戸橋

島の風景

ここから来た道を引き返します。
桜は、寺島大橋の寺島側の公園に少しあったくらいだったけど、海の水はものすごくきれいでした。
透き通っていて、海底の石や砂、海草も見えました。
車も少なくて、走りやすい道でした。

きれいな海

駐車場まで戻って、次の目的地の島原半島に移動します。
比較的スムーズに走れたけど、島原半島の57号線は大渋滞でした。

まず、島原の乱の舞台となった原城跡へ。
過酷な年貢に耐えかねたキリシタン農民たち一揆軍が、ここに立て籠もって抵抗したけど全滅したというところです。
島原の乱の後は、二度とこの場所が一揆軍に利用されないよう、幕府により徹底的に破壊されたそうです。
本丸の跡だけが公園になっているけど、かなり大きな城だったようです。

説明板を見たり、桜の写真を撮ったりしていると、おじいさんが話しかけてきて、ここの台地は雲仙の噴火でできたのではなく、阿蘇の噴火でできたのだと教えてくれました。
阿蘇火山はすごいですね。

空堀

石垣の残骸

有明海を望む

雲仙を望む

次は島原城へ。
天守閣がえらい立派だけど、築城当時の姿に復元したんだそうです。

島原城

今日は結構動いたので雲仙温泉で疲れをとります。

入浴中

島原港からフェリーで熊本に帰るつもりだったけど、大牟田の知人から、武雄温泉で春祭りをやってるという情報があったので、急きょ武雄温泉へ行ってみることに(笑)

武雄温泉の夜桜

春祭りの宵みこし

これから熊本に戻るのも面倒なので、博多のサウナに泊まりました。

2009年3月 防府~山口サイクリング

広島駅から折り畳み自転車と一緒に、新幹線と在来線で防府駅へ。
国土交通省のホームページで調べた、佐波川自転車道~周防往還自転車道~山口秋吉台自転車道を通って、JR山口駅まで走ります。

防府駅前で自転車組み立て

せっかくなので、桜が咲き始めた防府天満宮国分寺に寄り道。

防府天満宮

牛像

国分寺仁王門

国分寺の桜

萩往還の標識

佐波川自転車道は、この前走った遠賀川自転車道加古川自転車道と同じで、河川敷の中に舗装された専用道がつけられています。
こういう道、結構好きです。平坦だし…(汗)
天気のいい時は最高に気分いいですよ。

佐波川自転車道

走行中

佐波川山陽線

続いて周防往還自転車道で小郡へ。

周防往還自転車道

小郡の町へ

ここからは山口秋吉台自転車道で北に向かいます。
桜の並木道を通るところが何ヶ所かありました。

山口秋吉台自転車道

椹野川

山口線

今日の3つの自転車道は、標識がしっかりしてて、走りやすかったです。
自転車道はこの先、山を越えて秋吉台まで続いてます。
が、当然のことながら、登り道は嫌いなのでパスします(滝汗)

今日はここまで

山口駅で自転車を畳みました。
走行距離は約35キロでした。

2023年3月 関門海峡の桜

友人が、北九州で用事があって車で往復するとのことなので、乗せてもらいました。ただで旅行できるなんてありがたいことです。

朝、広島を出発。高速道を西へ。
壇ノ浦PAで休憩。視界が悪いのは黄砂のせいかな。

関門橋

門司港方面

関門海峡を渡り、北九州市を過ぎて高速を下りて一般道へ。

友人が用事を済ませる間、波津海岸をブラブラ。

玄界灘

大原神社

銀杏の木

この海岸沿いの道は、遠賀宗像自転車道なんですね。
以前、自転車で北九州市戸畑から福岡市まで折り畳み自転車で走ったときに通った道です。

自転車道の標識

友人が戻ってきたので、昼食は料理旅館で玄界灘イカを。
玄界灘を眺めながら、おいしくいただきました

御膳

イカ焼きその1

イカ焼きその2

帰りは、桜の名所の九州側の和布刈公園と本州側の火の山公園に寄ってみます。

まず和布刈公園。
この公園に来るのは初めて。
桜はまだ三分から5分咲きくらいな感じでした。
視界は悪いけど、好きな眺めです。

桜と門司港方面

続いて関門トンネルで本州へ渡って火の山公園へ。
ここには戦争遺構の砲台跡が残ってます。

遺構その1



10

遺構その2

なかなか桜と景色を組み合わせたいい写真が撮れません。

 

11

下関市

桜と関門海峡

遅くならないうちに広島に帰ります。
広島について着いて焼肉バイキング。
最近はオーダーバイキングの焼肉ばっかり行ってるけど、好きなものを好きな量取ってきたり、デザートも自分好みにアレンジしたりとかできるのシステムもいいですよね。

焼肉