ごま塩オヤジの全国探訪記

これまでに歩いたところ、走ったところ、訪れたところなどを振り返ってみたいと思います。

2016年3月 熊本城の桜

■まさか、この写真を撮った2週間後にとんでもない大地震に襲われようとは・・・。自分も大変な目に遭いました。時間がかかりましたが、先日、国道57号やJR豊肥線が復旧し、かなり復興は進んでいるようです。

 

日曜日の午後、まずまずの天気なので歩いて熊本城へ。桜は8分咲きくらいかな。

熊本に来て間もなく1年。
熊本市への転入者には、熊本城などの施設に1年間無料で入れる優待券がもらえるのです。
これを使うのも最後になるかな。

f:id:gomashio-oyaji:20201020220732j:plain

f:id:gomashio-oyaji:20201020220749j:plain

f:id:gomashio-oyaji:20201020220809j:plain

f:id:gomashio-oyaji:20201020220827j:plain

f:id:gomashio-oyaji:20201020220845j:plain

 

2016年11月 熱気球大会と唐津くんち(佐賀県)

せっかく九州に住んでいるんだから、一度は見に行かないとね。
ってなわけで、6時前に自宅を出て、まずは九州新幹線長崎線普通列車を乗り継いで佐賀の熱気球大会へ。
が、目当ての一斉離陸は終わっていたて、展示イベントしか見られませんでした(泣)

f:id:gomashio-oyaji:20201018212550j:plain

バルーンさが

f:id:gomashio-oyaji:20201018212620j:plain

展示その1

f:id:gomashio-oyaji:20201018212712j:plain

展示その2

f:id:gomashio-oyaji:20201018212849j:plain

展示その3

気を取り直して、9時半の列車で唐津くんちを見物に移動。
唐津線に乗るのは初めて。
松浦川に面した鬼塚駅はいい感じ

f:id:gomashio-oyaji:20201018212921j:plain

複線分のトンネル

f:id:gomashio-oyaji:20201018212950j:plain

筑肥線と併走

f:id:gomashio-oyaji:20201018213013j:plain

鬼塚駅

唐津くんちも初めて見ました。
長崎のくんちとは趣が違いますね。

f:id:gomashio-oyaji:20201018213039j:plain

唐津くんちその1

f:id:gomashio-oyaji:20201018213100j:plain

唐津くんちその2

f:id:gomashio-oyaji:20201018213123j:plain

唐津くんちその3

f:id:gomashio-oyaji:20201018213147j:plain

唐津くんちその4

f:id:gomashio-oyaji:20201018213304j:plain

唐津くんちその5

昼過ぎ、また佐賀に戻って、バルーン会場へ。

f:id:gomashio-oyaji:20201018213406j:plain

再び唐津線

今度は風の影響で一斉離陸は中止になりました(泣)
あきらめて熊本に戻りました。

そして、あきらめきれないワタシは、翌日の午後、またバルーン会場へ。
今日は一斉離陸が見れました。
なかなかすばらしい風景でした。
一度、気球に乗ってみたいなあ。
怖そうだけど・・・。

f:id:gomashio-oyaji:20201018213450j:plain

おやつ

f:id:gomashio-oyaji:20201018213513j:plain

準備中その1

f:id:gomashio-oyaji:20201018213607j:plain

準備中その2

f:id:gomashio-oyaji:20201018213635j:plain

離陸開始その1

f:id:gomashio-oyaji:20201018213659j:plain

離陸開始その2

f:id:gomashio-oyaji:20201018213729j:plain

離陸終了

2015年9月 九州88湯めぐり④

車で黒川温泉2カ所と阿蘇坊中温泉を回ってきました。
まずは、黒川温泉の西の外れにある静かな一軒宿の温泉。
秘湯を守る会の会員宿だけど、黒川温泉自体が秘湯ではないような気が・・・。
でも、ここは温泉街から離れているからいいのかな。
いずれにしても、林の中の雰囲気のいい温泉でした。

f:id:gomashio-oyaji:20201013214250j:plain

秘湯の宿

f:id:gomashio-oyaji:20201013214309j:plain

露天風呂

f:id:gomashio-oyaji:20201013214328j:plain

入浴中

続いて、また黒川温泉の中心部から西へ少し離れたところにある旅館のお風呂へ。
露天風呂には、深さ160センチの立ち湯があって、つま先立ちしないと口まで水没してしまいます。
ずっとつま先立ちをしていると疲れるので、水中でぴょんぴょん跳ねながら温泉を楽しみました(笑)

f:id:gomashio-oyaji:20201013214355j:plain

露天風呂

f:id:gomashio-oyaji:20201013214415j:plain

深~い露天風呂

最後は阿蘇坊中温泉へ。
阿蘇駅からすぐ近くにある温泉施設に入りました。
林の中の露天風呂って感じの雰囲気です。
薄い褐色のお湯で、のんびりできました。

f:id:gomashio-oyaji:20201013214442j:plain

林の中の旅館

f:id:gomashio-oyaji:20201013214518j:plain

入浴中



2015年9月 九州88湯めぐり③

熊本を7時に車で出発して別府・湯布院の温泉めぐり。

まずは鉄輪温泉。
規模の大きい入浴施設へ。
内湯も露天風呂も広く、滝湯、蒸し湯、砂湯など揃っていて、温泉のデパートって感じです。
蒸し湯は高温と低温があるし、貸切湯もたくさん用意されています。
お風呂の外には温泉の蒸気を吸引する設備まであって、喉に良さそうです。

別府の公衆浴場と比べると値段が少し高いのだけど、この設備なら文句ないですね。

f:id:gomashio-oyaji:20201010223128j:plain

温泉吸入

f:id:gomashio-oyaji:20201010223149j:plain

打たせ湯

せっかくなので、鉄輪温泉街を散策。
楽しいですね。
しかし、観光案内所に寄ったら、さっき入った温泉の割引券が置いてありました(泣)

f:id:gomashio-oyaji:20201010223227j:plain

地獄原温泉

f:id:gomashio-oyaji:20201010223248j:plain

一遍湯かけ上人

f:id:gomashio-oyaji:20201010223312j:plain

鉄輪むし湯

f:id:gomashio-oyaji:20201010223334j:plain

旧鉄輪むし湯跡

f:id:gomashio-oyaji:20201010223358j:plain

地獄釜

f:id:gomashio-oyaji:20201010223418j:plain

飲泉場

f:id:gomashio-oyaji:20201010223444j:plain

上人湯

f:id:gomashio-oyaji:20201010223506j:plain

白池地獄

f:id:gomashio-oyaji:20201010223525j:plain

源泉

f:id:gomashio-oyaji:20201010223545j:plain

渋の湯組合温泉にて

f:id:gomashio-oyaji:20201010223613j:plain

市営熱の湯温泉(無料)

f:id:gomashio-oyaji:20201010223635j:plain

すじ湯温泉

続いて観海寺温泉へ。
狭い坂道を登ったところにあります。
ここのお風呂は露天風呂のみだけど、岩をくり抜いたトンネルがあって、蒸し風呂になっていました。
食事付きで、秋~冬のメニューは「だんご汁定食」。
大部屋でゆっくりいただきました。

f:id:gomashio-oyaji:20201010223703j:plain

露天風呂

f:id:gomashio-oyaji:20201010223720j:plain

蒸し風呂

f:id:gomashio-oyaji:20201010223744j:plain

別府市内の展望

f:id:gomashio-oyaji:20201010223807j:plain

だんご汁定食

次は明礬温泉へ。
白いお湯と硫黄の匂いは温泉らしくて好きなんですよね。
ここは高台にあって展望がいいです。
入浴後に温泉ゆで玉子が食べられるのもGOOD。
付近に、わら葺きの「湯の花小屋」が立ち並ぶ風景は、この一帯ならではです。

f:id:gomashio-oyaji:20201010223833j:plain

露天風呂

f:id:gomashio-oyaji:20201010223852j:plain

ゆで玉子

f:id:gomashio-oyaji:20201010223909j:plain

湯の花小屋その1

f:id:gomashio-oyaji:20201010223933j:plain

湯の花小屋その2

別府は異常にして、最後は湯布院へ。
市街地の南側にある旅館のお風呂に入りました。
露天風呂から、市街地の向こうに由布岳が見えるはずなんだけど、天気が悪くて山は雲の中でした。
有名な場所なのか客が多く、広い露天風呂はいっぱいだったけど、なかなかいい雰囲気の温泉でした。

f:id:gomashio-oyaji:20201010223957j:plain

露天風呂

f:id:gomashio-oyaji:20201010224017j:plain

湯布院の湯煙

そして、豊後森駅の機関庫に寄って帰りました。

f:id:gomashio-oyaji:20201010224048j:plain

転車台と機関庫

f:id:gomashio-oyaji:20201010224108j:plain

キューロク

 

 

 

 

 

2013年11月 鳳来寺山(愛知県)

そろそろ紅葉が始まったかなと期待して登ってみました。

朝6時半に名古屋を出発。
バス停に車を置いて、ちょっとした門前町みたいな道を登って行きます。
千段以上の石段を登って、鳳来寺に到着。
しかし、よくこんな石段を作ったものだと思います。
本堂はちょっとガッカリでしたが。

f:id:gomashio-oyaji:20201009222751j:plain

石段

f:id:gomashio-oyaji:20201009222817j:plain

仁王門が見えた

f:id:gomashio-oyaji:20201009222841j:plain

さらに石段が続く

f:id:gomashio-oyaji:20201009222908j:plain

鳳来寺本堂

f:id:gomashio-oyaji:20201009222933j:plain

旧本堂

そこから裏手の道を登って奥の院へ。
奥の院の建物は、見るも無惨に壊れ果てていました。
台風の被害なのか、それとも壊されたのか。

f:id:gomashio-oyaji:20201009223001j:plain

奥の院

奥の院の上部からは、豊橋あたりの海が見えましたが、鳳来寺山の山頂は展望なし。

f:id:gomashio-oyaji:20201009223028j:plain

山頂

f:id:gomashio-oyaji:20201009223055j:plain

記念撮影

帰りは天狗岩まわりの道へ。
途中、南アルプス展望台というところがあったけど、遠くははっきり見えず、よくわかりませんでした。

f:id:gomashio-oyaji:20201009223122j:plain

かすかに南アルプス

東照宮を見て鳳来寺に戻り、来た石段を下りました。

f:id:gomashio-oyaji:20201009223144j:plain

東照宮

紅葉祭りの幟が立っていたけど、紅葉はちょっと早いかなという感じでした。

f:id:gomashio-oyaji:20201009223206j:plain

山を見上げる

下山後は湯谷温泉へ。
渓谷沿いに何軒か温泉宿が並んでいます。

f:id:gomashio-oyaji:20201009223229j:plain

湯谷温泉

今回入ったところは、男子風呂は混浴露天のみで、女子風呂は混浴露天の他に女子専用の風呂もあるみたいです。
混浴露天の先客は男性ばかり4人。
なぜか、みんなペットボトルを風呂の脇に置いて入っています。
入浴後、そろそろ上がろうかと思ったけど、先客の4人は全く上がる気配がなく、時々ペットボトルの水を飲んでます。
これって、じっと待ち構えているんですよね(笑)

f:id:gomashio-oyaji:20201009223252j:plain

露天風呂

帰りは豊川稲荷に寄って帰りました。

f:id:gomashio-oyaji:20201009223313j:plain

門前町

f:id:gomashio-oyaji:20201009223333j:plain

豊川稲荷

2011年9月 道東の旅

名古屋の友人と3泊4日で北海道へ。
彼は北海道は初めてというので、札幌には行くとして、あとの行き先は全て任せてもらったので、道東中心に計画しました。

7時前の新幹線で名古屋へ。
9時過ぎに着いて、待ち合わせまでの時間を利用して、リニア鉄道館を見学。

f:id:gomashio-oyaji:20201005214741j:plain

リニア鉄道館にて

名古屋駅に戻って、友人と合流し、中部空港へ移動。
セントレアで腹ごしらえのきしめんを。

f:id:gomashio-oyaji:20201005214809j:plain

きしめん

LCCで千歳に飛んで、札幌に移動してホテルにチェックイン。
路線バスでサッポロビール園へ。
札幌に行ったら必ず行ってる感じです。

f:id:gomashio-oyaji:20201005214832j:plain

サッポロビール

f:id:gomashio-oyaji:20201005214858j:plain

ジンギスカン

路線バスで札幌駅に戻り、JRタワーから夜景を見て、道庁と時計台を眺めながらススキノへ。
そして、夜の街に消えました・・・。

f:id:gomashio-oyaji:20201005214926j:plain

JRタワーからの眺め

f:id:gomashio-oyaji:20201005214948j:plain

道庁

f:id:gomashio-oyaji:20201005215010j:plain

時計台

翌日は7時の特急で釧路へ。
釧網線トロッコ列車に乗り継いで塘路へ移動。

f:id:gomashio-oyaji:20201005215040j:plain

釧路湿原ノロッコその1

f:id:gomashio-oyaji:20201005215100j:plain

トロッコ列車からの車窓

f:id:gomashio-oyaji:20201005215119j:plain

釧路湿原ノロッコその2

釧路湿原をカヌー下り体験。
今回の旅行の一番の目的だったんだけど、期待したほどの感動はなく、2回目はないかな・・・。

f:id:gomashio-oyaji:20201005215146j:plain

カヌーからの眺め

普通列車で釧路に戻り、遅めの昼食は、みそバターラーメン。

f:id:gomashio-oyaji:20201005215207j:plain

みそバターラーメン

レンタカーを借りて、丹頂鶴を見物に行きました。
が、とうとう雨が降り出しました。
天気予報は良くなかったんですよね。

f:id:gomashio-oyaji:20201005215225j:plain

丹頂鶴

ホテルにチェックインして土産物センターをウロウロし、夕食は釧路市内の炉端焼きの店へ。

f:id:gomashio-oyaji:20201005215246j:plain

サンマの塩焼き

3日目も雨。
レンタカーで北へ向かいます。
釧路湿原の展望台。
残念ながら展望は今ひとつ・・・。

f:id:gomashio-oyaji:20201005215312j:plain

細岡展望台から

f:id:gomashio-oyaji:20201005215336j:plain

サルボ展望台から

摩周湖も期待しなかったけど、島が見えたから、よしとしよう。

f:id:gomashio-oyaji:20201005215401j:plain

摩周湖

f:id:gomashio-oyaji:20201005215422j:plain

シマリス

f:id:gomashio-oyaji:20201005215441j:plain

ソフトクリーム

黄山は、傘をさして歩きました。

f:id:gomashio-oyaji:20201005215504j:plain

黄山

そして、二番目の目的の野湯めぐり。
まずは、屈斜路湖畔の無料のコタン露天風呂へ。
キャンプ場のようなところにあって、秘湯の感じは無いけど、静かで雰囲気のいいところです。
簡単な着替えを置く棚もあって、きれいに管理されています。
湖との一体感を感じるような、いい温泉でした。

f:id:gomashio-oyaji:20201005215525j:plain

コタン温泉

f:id:gomashio-oyaji:20201005215829j:plain

入浴中

昼は、またラーメン。

f:id:gomashio-oyaji:20201005215851j:plain

ラーメン

そして、知床へ。

f:id:gomashio-oyaji:20201005215911j:plain

オシンコシンの滝

知床峠では、残念ながら羅臼岳方面は全く見えず。

そして、知床横断道路沿いにある有名な熊ノ湯へ。
無料の露天風呂だけど、男女別に分かれていて、簡単な更衣室もあります。
意外と客が多かったけど、いい温泉ですね。
お湯の色も白くて、温泉ぽい感じ。
ちょっと熱めの湯ですが、ホントに山の中で、気持ちよく入浴できました。

f:id:gomashio-oyaji:20201005220318j:plain

熊ノ湯にて

ウトロでは、20代の時に泊まった民宿へ。
土産物屋をブラブラして、部屋でのんびり。

f:id:gomashio-oyaji:20201005220343j:plain

夕食

最終日。
前に泊まった時は、朝食の味噌汁に毛ガニが一杯入ってて感激した思い出があるけど、今回は普通の朝食でした。

8時に民宿を出発。
昨日は雨で何も見えなかった知床峠にまた行ってみたけど、今日も知床峠は視界ゼロ(泣)

f:id:gomashio-oyaji:20201005220409j:plain

知床峠にて

知床五湖への道は鹿だらけ。

f:id:gomashio-oyaji:20201005220435j:plain

シカ

三番目の目的、知床五湖ウォーキング。
雨こそ降っていないものの、湖面に映る山とかは期待できないけど、講習を受けて、第二湖から第一湖を回るコースを歩きました。

原生林に囲まれた、いい感じの遊歩道です。
一応、登山用のクマ除けの鈴をもってきたけど、幸いクマは現れませんでした。

第一湖からの遊歩道は、クマが上がってこない安心の高架木道。
高いので展望がいいです。
山々は、残念ながらやっぱり半分雲の中でした。
機会があったら、天気がいい時にまた歩いてみたいですね。

f:id:gomashio-oyaji:20201005220508j:plain

知床五湖その1

f:id:gomashio-oyaji:20201005220529j:plain

知床五湖その2

f:id:gomashio-oyaji:20201005220549j:plain

知床五湖その3

f:id:gomashio-oyaji:20201005220612j:plain

展望台にて

f:id:gomashio-oyaji:20201005220633j:plain

ソフトクリーム

そして、最後に知床の野湯、岩尾別温泉へ。
知床半島の、「地の涯」というすごい名前のホテルの前にある無料の露天風呂です。
更衣する場所などなく、衣服はそのへんに置いて入ります。
遊歩道から丸見えですが、歩いてる人はいません。
湯船は3段になっていて、なかなかいい湯加減でした。

f:id:gomashio-oyaji:20201005220655j:plain

三段の湯

f:id:gomashio-oyaji:20201005220722j:plain

入浴中

三段の湯から、登山道を少し歩いて行くと滝があって、その手前に「滝見の湯」という小さな露天風呂があります。
滝の手前に小さな風呂が作ってあるんですが、その湯船からは残念ながら滝は見えません。
帰ってから調べたら、「滝見の湯」は女性専用だとか。
でも、登山道から丸見えなので、入ろうという勇気がある女性が果たしているのだろうか。

f:id:gomashio-oyaji:20201005220849j:plain

滝の湯

女満別空港へ向かう途中に、ホタテやカニが入ったデラックスなラーメンを。

f:id:gomashio-oyaji:20201005221033j:plain

デラックスラーメン

中部空港で友人と別れ、新幹線で広島に帰りました。
天気よかったら、もっと楽しめたと思うけど、こればっかりは仕方ないですね。

2014年5月 千国街道サイクリング

折りたたみ自転車を車を積んで、6時前に名古屋を出発。
穂高駅近くに車を置いて、大糸線に乗って白馬駅へ行き、自転車で穂高駅まで走りました。
この区間は、大糸線に乗って山を見るのも好きだけど、自転車でも走りたかったところです。
広島からはなかなか行けなかったけど、名古屋からだと近いので、簡単に行くことができるんですよね。
と思ってるうちに、名古屋へ来て1年過ぎてからの実現になりましたが(汗)

f:id:gomashio-oyaji:20200930212022j:plain

穂高駅前の道祖神

f:id:gomashio-oyaji:20200930212044j:plain

大糸線車内

穂高町周辺は道祖神めぐりで歩くのも楽しそうなんだけど、これは老後の楽しみに(笑)

白馬駅から国道148号を南へ。
白馬三山から唐松岳五竜岳と、山を確認しながら走れるのが楽しいです。

f:id:gomashio-oyaji:20200930212112j:plain

北アルプスの山並み

佐野坂からは、仁科三湖沿いの旧道へ。
快適な道です。
田園地帯を走るのもいいけど、湖とかあったらよりいいですね。

f:id:gomashio-oyaji:20200930212144j:plain

f:id:gomashio-oyaji:20200930212209j:plain

仁科三湖を走行中

大町の手前で正面に見えるのは、蓮華岳針ノ木岳かな。
大町に着いて、高瀬川の観音橋へ寄り道。
ここからは爺が岳鹿島槍ヶ岳がよく見えます。

f:id:gomashio-oyaji:20200930212237j:plain

橋からの風景

続いては高瀬川右岸の県道へ。
この道は、右手に北アルプス、左には高瀬川
堤防なので地面より少し高くなっているので、景色がよく見えます。

f:id:gomashio-oyaji:20200930212301j:plain

堤防の道

たぶん餓鬼岳、そして有明山。
常念岳は山の形がわかりやすいから間違いないですね。
穂高神社の標識で右折して、穂高駅へ到着。
残雪の山と新緑で気持ち良いサイクリングでした。

帰りは温泉へ。
下諏訪温泉には、何軒か共同浴場があるけど、露天風呂付きのところに入ってみました。
料金は230円。安いですねぇ。
露天風呂は、狭いし天井も開いてなくて開放感はないけど、まぁこんなもんでしょ。

f:id:gomashio-oyaji:20200930212409j:plain

下諏訪温泉 児湯

f:id:gomashio-oyaji:20200930212433j:plain

露天風呂

ここは、旧中山道に沿ったところ。
近くには諏訪大社
ゆっくり歩いてみたいですね。

f:id:gomashio-oyaji:20200930212457j:plain

中山道の本陣跡

続いて、伊那谷のみはらし温泉。
伊那谷南アルプスの展望が自慢の露天風呂。
風呂に入ったままでは展望は見えないけど、立ち上がるとよく見えます。
露天は庭園になつていて、南アルプスの山々の展望図がありました。
千丈岳、間の岳、農鳥岳塩見岳、そして赤石岳方面。
よく見えます。
こういう山々を眺めるなら、やっぱり山に雪がある時期がいいですよね。

f:id:gomashio-oyaji:20200930212529j:plain

みはらしの湯

f:id:gomashio-oyaji:20200930212550j:plain

露天風呂

f:id:gomashio-oyaji:20200930212614j:plain

南アルプス

山の風景に満足して、名古屋に帰りました。