ごま塩オヤジの全国探訪記

これまでに出かけたところを振り返ってみました。

2020年8月 四国お遍路(88ヶ所⑧)

今回は、1泊2日で、山間部の久万町にある岩屋寺・太宝寺と、松山市内の各寺をまわります。

GoToトラベルを利用して、広島から松山まで高速船の往復と松山市内のホテルとのパックを予約。

44番の岩屋寺と45番の太宝寺には、松山を早朝出発のバスで行くことにしたので2日目にまわして、初日は松山市内の46番からレンタサイクルでまわります。

さて、広島港を7時半の始発スーパージェットに乗って松山観光港へ。

スーパージェット

呉港の艦船

松山観光港に到着

リムジンバスでJR松山駅まで行き、コインロッカーに荷物を預けて、路面電車で大街道のレンタサイクル屋へ。
なんと1日100円で借りられました(歓喜)。

松山市内を南へ1時間ほど走って、まずは別格9番の文殊院へ。
こじんまりしたお寺です。
でも、ここは、遍路の開祖と言われる衛門三郎の屋敷跡に建ってて、88ヶ所発祥の寺院とも言われているそうです。

重信橋

文殊院

ついでに、文殊院の裏手にある、衛門三郎の8人の子が祀ってあるとの伝説の八ツ塚を回ってみました。(実際は古墳群らしいですが)

高さ2~3メートルほどの小さな8つの塚が並んでいて、それぞれの塚には祠が置かれています。

八ツ塚その1

八ツ塚その2

続いて、南に進んで46番 浄瑠璃寺
綠が豊かなお寺です。

浄瑠璃寺

一休み中

ここから引き返して、ほどなく47番 八坂寺へ。
朱色の橋を渡って石段を登ると本堂。

八坂寺

ネコ住職?

衛門三郎の里

ここからは松山市内に戻ります。
北へ走って、番外霊場の札始め大師堂。
弘法大師がここで一夜を明かしたという伝えがあるそうで、衛門三郎が四国巡礼に出発して最初に札を打ったと言われています。

大師堂

重信川に架かる久谷大橋を渡り、昼食はコンビニでイートイン。

久谷大橋にて

昼食

やがて、48番 西林寺に到着。
太鼓橋を渡って境内へ入ります。

西林寺

ここから51番 石手寺までは、ほぼ直線的にお寺が並んでいるので、効率的に回れます。
伊予鉄の線路を越えて、49番 浄土寺
石段を登ったところに本堂。

浄土寺

住宅街を抜けて、坂道を上がって行くと、池のそばに50番 繁多寺
上り坂はちょっと疲れたけど、松山市街が一望で、松山城が見えました。

松山市

繁多寺

坂を下って、住宅街を進んで行くと、正面の山の上に大きな大師像が見えてきます。

大師像

石手川に架かるへんろ橋を渡ると51番 石手寺。ここも、衛門三郎にからんだ伝説があるお寺です。

へんろ橋

参道は屋根のついた道で、参拝用具や土産物の店が並んでいます。
境内の宝物館に衛門三郎の生まれ変わりの子が握っていたという石が展示されていたので、見せていただきました。

石手寺

石手寺から西に向かい、道後温泉を通って、松山城の北側を進んで、その先を北方向に行くと、市街を抜けて郊外へ。

日切大師

山裾に沿って進んで行くと、52番 太山寺の一の門。
自転車を置いて、境内を歩いて二の門、三ノ門と進んで本堂へ。
広いお寺でした。

一の門

太山寺

太山寺をあとにして、今日の最後のお寺に向かいます。
途中の公民館に、接待所という幟があって、呼び込みをしていたので、ちょっと寄ってお接待を受けました。
アイスやスイカもついてて、なかなかなものでした。
老人クラブが運営されてるようです。
あまり時間もないので、少しだけ話をして、お礼を言って、次へ急ぎます。

お接待

17時直前に、53番 圓明寺に到着。
何とか納経をいただける時間に間に合いました。
このお寺は、江戸時代、隠れキリシタンを守ったんだそうです。

圓明寺

キリシタン灯籠

参拝が終わって、松山市内に向けて自転車を走らせて、レンタサイクル屋に自転車を返却。

松山市内への道

近くの居酒屋のような店に入って、松山の鯛飯を。
宇和島のとは違ってますが、これも美味しい。

松山駅前のホテルにチェックインして、路面電車道後温泉に入りに行きました。

鯛飯

坊ちゃん列車

道後温泉

翌日は、松山駅7時前の始発バスで久万高原へ。
JR四国バスの一日乗車券を使って安く行けました。

ここで、休日に2便だけ運行している石鎚山行きバスに乗り換え、岩屋寺バス停で下車。

石鎚山行きバス

岩屋寺入口

石段を約20分登って43番 岩屋寺
昔、石鎚山登山の帰りに立ち寄ったことがあるけど、まさか遍路でまた来るとは思いませんでした。

石段

石仏

岩壁の真下に本堂
本堂横の岩壁にあいた穴に梯子で登れるようになっているけと、怖いてところは当然パス。

本堂と岩屋

大師堂

仁王門は、歩き遍路の入口になっています。
ここからは、遍路道を歩いて大寶寺へ向かいます。
しばらく進むと、岩屋寺の修行の場「せり割り行場」の入口。

石段の道

行場入口

こんな道を通ります

石鎚山方面?

しばらく樹間の登りが続いて、やがて八丁坂の頂上に到着。

八丁坂茶店

休憩

ここからは難所の八丁坂。
大寶寺からの登りは大変な胸突き八丁だけど、大寶寺へは楽々の下りです。

振り向けばこんな道

八丁坂を下りると、日差しが強い平坦な道になりました。
ここで、帽子がないことに気づきました。
バスの中か、お寺の中か、休憩場所のどこかで置き忘れたみたい。
ここまで下りて取りに戻るのは無理なので、もう大失敗です(泣)

県道12号に出て、ひたすら西へ。
途中、自動販売機を見つけるたびに水分補給。

エンマ堂?

オニユリ

目的地までもう少し

休憩所

あまりに暑いので、峠御堂の山越えはすみません、パスしてトンネルを歩きます。
が、歩道がなくて怖かったです。

峠御堂トンネル

長いトンネルをやっと抜けたと思ったら、大寶寺への道が、なんと通行止め。
だいぶ遠回りをさせられました。

通行止め

大寶寺に参拝して、13時に久万高原バス停に到着。
次のバスは、久万高原発15時20分までないのです。
食事をして、道の駅をブラブラしたりして時間をつぶしました。

大寶寺

ラーメン屋

バス車窓からの松山平野

松山駅に16時半に着いて、リムジンバスで観光港へ行き、18時のスーパージェットで広島へ帰りました。
ものすごく日焼けしてしまいました。

松山観光港



2014年1月 伊豆の温泉めぐり③

正月休み、東京の友人と伊豆に温泉ドライブすることになり、青春18キップで名古屋を始発電車で出発して、三島駅へ。
友人の車に乗せてもらって出発。

まずは有名な浄蓮の滝。
昔、天城山に登山した時以来かも?

浄蓮の滝

冬でもソフト

伊豆の踊子の像

伊豆の踊子」は読んだことないんですが、気にせず次の目的地の今井浜の温泉へ。
が、ガイドブックに載っている場所に行っても見あたらないので、近くの商店のおばさんに聞いてみたところ、閉鎖したとのこと。
残念。

で、そのおばさんが代わりに教えてくれた踊り子温泉会館へ行きました。
入浴料1000円は高いけど、伊豆の日帰り温泉ではこれでも安い方なんですよね。
意外に客が少なく、ゆっくり入れました。

温泉会館

露天風呂

ついでに近くの峰温泉大噴湯公園を見学。
100度の湯が吹き上げいて、近くに寄るとシャワー状態で、ビショビショになります。
でも、水滴が下まで落ちる頃には湯が冷えて水になってます。

大噴湯の吹き上げ

売店で玉子を買うと、源泉でゆで玉子が作れるようになっています。

たまご作りコーナー

ゆで玉子にご満悦

伊豆東海岸の国道沿いで遅めの昼食。やっぱりキンメダイですよね。

昼食

最後はお気に入りの北川温泉へ。

北川温泉

ここはホントにいい温泉ですねぇ。

スカイライン経由で熱海へ。
熱海駅で友人と別れて、名古屋に帰りました。
さあ、今年もがんばろう。

スカイラインからの駿河湾



 

 

2021年8月 青海島(山口県)

青春18キップの旅。
どこへ行こうかと地図を眺めていて、久しぶりに萩に行ってみようと時刻表をめくったところ、広島から日帰りできなくなっていることが判明。
ここ数年、特に昼間のローカル線の列車は削減されてますからねぇ。
代わりに、長門市の青海島へ行くことにしました。
で、始発電車で出発。

車窓からの瀬戸内海

山陽線の厚東~厚狭間は水害のため不通でバス代行。
そのため時間が余計にかかって、現地滞在時間が1時間以上も短くなってしまいました(泣)

代行バス

美祢線に乗り換え

長門市駅に11時半に到着。
仙崎支線の列車には接続していないので、駅前から路線バスで仙崎へ

長門市駅

仙崎のバス停横には、センザキッチンという観光複合施設があって、結構賑わってました。

センザキッチン

海鮮丼の昼食

サザエの壺焼き

そして、目当ての青海島観光船の乗船口へ。
なんと、今日は風が強いということで、青海島一周コースでなく、大島往復コースで運航とのこと。
メインの海上アルプスが見たかったけど、安全運航第一だから仕方ないですね。

観光船乗り場

それでも、そこそこ迫力ある断崖など間近で見られて楽しめました。
また、気候のいいときに来て、今度は海上アルプスを見たいものです。

船上にて

青海大橋

仏岩

断崖絶壁その1

断崖絶壁その2

断崖絶壁その3

桟橋に戻って、1時間ほど時間があるので、レンタサイクルを借りて、陸路からちょっとだけ青海島へ渡ってみます。
料金300円は良心的です。

青海大橋と自転車

青海大橋を渡ってすぐの王子山公園。
仙崎の町が見下ろせます。
金子みすゞの歌碑がありました。

王子山公園からの仙崎

歌碑

続いて、波の橋立へ。
天橋立のように、この砂州で外海と内海(青海湖)が分かれています。

看板

波の橋立

外海

青海湖

展望台にも行きたかったけど、時間切れのため引き返して、自転車を返却。

仙崎から長門市駅へは、仙崎支線もバス便も時間が悪いので、2キロの道を30分かけて歩きました。
帽子を忘れてきたから、超暑いです(滝汗)

仙崎駅ホーム

駅へ向かう途中で見た海

長門市駅ホーム

15時過ぎの美祢線に乗って、また代行バスに乗り換え、山陽線福川駅で下車。
今日のもう一つの目的である周南コンビナートの工場夜景を見に行きます。
30分ほど歩いて周南大橋へ。
橋の上が夜景ポイントになっています。
コンデジでは、なかなかきれいに撮れないですね。

工場夜景その1

工場夜景その2

22時半に帰宅しました。
結構日焼けしたので、「どこへ行ってきたのか」と言われそうです。

 

 

2019年4月 大津島とJR貨物イベント(山口県)

広島発7時前の新幹線で徳山へ。
歩いて徳山港へ行き、船で大津島へ。

徳山港

徳山の街並み

戦時中、人間魚雷・回天の基地があった島。
まずは記念館を見学。
回天が誕生した経緯や、乗組員の遺書などを見ていると、ホントに戦争をしてはいけないと思います。

島に到着

回天記念館

トンネルを通って島の西側にある訓練基地の跡へ。
もともとは魚雷の発射試験場だったとのこと

トンネル

発射試験場跡全景

発射試験場跡その2

発射試験場跡その3

帰りの船まで時間があったので、大津島の南につながっている馬島を一周する4キロの道を歩いてみました。

道は少し高いところを通っていて、景色がいいですね。
途中、88ヶ所遍路という標識があって、ところどころに石仏があります。

海の眺め

石仏

桟橋方面を見る

神社

島の町並み

記念撮影

海は穏やかだけど、70数年前のことを想うと、何とも言えない気持ちになります。

徳山港に戻って、徳山駅から一駅の新南陽駅へ移動し、JR貨物の貨物フェスティパルに寄って広島に帰りました。

会場入口

会場内

展示や物販はコンテナで

Nゲージも貨物駅メイン

イベントは、あまりたいした展示は無かったけど、手作り感があったし良かったです。
記念にいただいた傘の袋も役に立ちそうです。

2013年8月 御在所岳(三重県)

夏休みが取れたけど、北アルプスは人が多そうなので近場に登ってみることにしました。
名古屋近郊で思いつく山は、伊吹山御在所岳。あとはちょっと離れて恵那山くらいかな。
伊吹山は、確か登山道に日陰がほとんど無かったと記憶してるので、夏に登るのは殺人行為。
ということで、まだ登ったことのない御在所岳へ。
御在所岳はロープウェイが架かかっているので、登山の対象としてはあまり気が進まないけど、有名な山だしね。

標高1209m。
登りは中道、下山は裏道を歩くことにしました。

登山口

中道コースは、岩場があったりして、面白いルートです。

あばれ岩

ロープウェイの鉄塔(高さ日本一)

ロープウェイと鎌が岳

奇岩

頂上に着いたと思ったら、そこは大きな公園というか、遊園地みたいな場所でした。

山頂にて

三角点

下山道には、途中、水場が2カ所あって、たっぷり水分補給しました。
水筒の水は美味しくないんですよね。

下山道にて

岩場

小屋が見えてきたと思ったら、営業してるのでビックリ。
十人ほどの登山者が休憩していました。
まさか、鈴鹿山脈に営業小屋があるとは思いませんでしたが、岩登り客が利用するのかな。

下山後は湯の山温泉で汗を流して帰りました。
露天風呂のある施設を探して。
お湯は普通な感じでしたが。

露天風呂



 

2015年12月 飯田山と熊延鉄道跡(熊本県)

昔、南熊本駅から美里町砥用駅の間を結ぶ熊延鉄道というローカル鉄道がありました。
名前のとおり、将来は九州を横断して宮崎県の延岡まで目指す計画もあったけど、昭和39年に廃止されました。
遺構が残っているらしいので、ついでに途中の飯田山の登山と併せて訪れてみました。
車に折り畳み自転車を積んで出発。

飯田山は、熊本平野の南東にあって、熊本市街をはさんで金峰山と対峙している山です。
登山口から登るつもりだったけど、駐車する場所を探しながら「飯田山」の標識に誘われて進んで行くと、中腹の常楽寺まで来てしまいました(笑)

本堂の横の道を登って行くと、しばらくして道が急な坂とゆっくりな坂に分かれていたので、迷うことなくゆっくりな坂へ(汗)
山頂は、木が伐採されて、広い広場になっていて、熊本平野の見晴らしが抜群。 

山頂の観音さま

金峰山方面の眺め

記念撮影

帰りは急な坂を下りようと思ったけど、いきなり滑って尻もちをついたので、ゆっくりな坂へ(滝汗)

駐車場に戻って、次は佐俣の湯へ移動。
ここから、自転車で廃線跡の遺構を回ってみます。
未舗装の道をタイヤの細いクロスバイクで走るのは嫌だし、階段とかガードレールを越えたりする時は、小さくて軽い折りたたみ自転車が、ちょいと担いで歩くには便利なんですよね。

まずは八角形のトンネルの遺構へ。
落石覆いだと思うんだけど、あまり意味のないような場所にあって、ちょっと謎です。
しかも、コンクリートは比較的新しい感じがするし、ますます謎です。

八角形のトンネル前にて

トンネル反対側

線路跡

次は、津留川橋梁の遺構へ。
線路跡を利用した林道が行き止まりになっている地点から藪の中を下りて行くと、目の前に巨大な橋脚が現れます。
かなり存在感のある建造物です。

津留川橋梁の橋脚

川を渡る

近くに「恋人の聖地」という、二つの石橋の陰がハート型になるというスポットがあったので寄ってみたけど、ハート型になるのは昼間の1時間だけらしく、ハートは見ることはできませんでした。

恋人の聖地

二つの石橋

続いて、馬門橋から見える津留川の二つ目の橋梁の橋脚へ。

知らない人が見ると、何のためにある建造物なのか悩むでしょうね。

馬門橋

橋脚跡

そして終点の砥用に向かいます。
旧釈迦院駅から先は、線路跡がそのまま舗装されていて、自転車では快適な道でした。

廃線跡の道その1

廃線跡の道その2

釈迦院駅跡の民家にある駅名標

砥用駅の跡らしい場所まで走って、来た道を引き返し、佐俣の湯に入って帰りました。

昔は、こんなところにも鉄道が走っていたんですよね。
今では考えられないけど、こんな時代があったんですよね。

2014年12月 熊野古道②

熊野古道伊勢路のハイライト部分とも言われる峠道を歩いてみました。
青春18キップで名古屋を朝7時前の電車で出発。

名古屋駅

多気で乗り換えて、やがて列車は山の中へ。

国鉄色の車両に遭遇

山越えの鉄路

途中の紀伊長島では停車時間に途中下車して、町を散策。
この地域ではマンボウを食べる風習があるのか、マンボウ料理を出す店がありました。

紀伊長島

駅近くの通りの謎のオブジェ

JR紀勢線相賀駅からスタートし、尾鷲を目指します。
町並みを通って国道に出て、道の駅で土産物を見物。

相賀駅

古道入口には大きな案内看板があって、いきなり石畳の登り道が始まります。。

馬越峠入口

石畳の道その1

石畳の道その2

敷石の大きさも不揃いで、あまりきれいな石畳ではないけど、重機もない時代によくこれだけの道を作ったものだと思います。

しかも、このあたりは有数の多雨地帯。
「洗い越し」という排水溝などの工夫がされているそうです。

一里塚跡(案内板のみ)

樹林の中で、ほとんど展望のない道を進んで行くと、やがて馬越峠に到着。
昔、ここには茶屋があったらしく、また、ここは天狗倉山と便石山への登山道との十字路になっています。

茶屋跡の説明板

十字路

せっかくなので、天狗倉山へ寄り道。
海のそばにあるわりに意外と高くて、標高は522メートル。

熊野古道馬越峠から、標識に従って登山道に入り、30分ほどの登り。
山頂は狭く、しかも登山者が多くて、座る場所がありませんが、尾鷲市街の展望がいいですね。

山頂にて

尾鷲市

山頂の横に大きな岩があって、高さ5メートルくらいをハシゴで登るようになっています。
岩の上には30人くらいの団体が。
ここからは、北側の展望が開けて、大台ヶ原方面の山並みが見えました。

大きな岩

景色を見てるうちに、団体が一人ずつハシゴを降り始めました。
怖がる人も多くて、全員が降りるまでかなり待たされた上、なかなか自分のペースで降りられません。

馬越峠に戻り、ここからは下りの石畳道。
途中、尾鷲の町並みが見える展望台が整備されていました。
峠より北側は、森の中を歩くちょっと暗い雰囲気だったけど、南側は明るい雰囲気でした。

やがて馬越公園に到着し、石畳の道は終わり。
でも、このコース、最初から最後までほとんど石畳の道で歩きやすく、とってもいい雰囲気でした。

帰りの列車まで1時間半ほど時間があったので、尾鷲神社、金剛寺、魚市場など、尾鷲の町並みを歩いてみました。

尾鷲神社の大楠

金剛寺

魚市場から

営業している銭湯があったのにはビックリ。
お魚センターで、帰りの列車内で食べる寿司と丼を買って、尾鷲駅に向かいました。

寿司