ごま塩オヤジの全国探訪記

これまでに歩いたところ、走ったところ、訪れたところなどを振り返ってみたいと思います。

2014年9月 至仏山(群馬県)

尾瀬の山と言えば、燧ヶ岳と至仏山
今回は至仏山に登ります。

燧ヶ岳には、20年前に登ったことがあって、その時は広島から青春18キップで2泊3日かけて登ってきました。
広島を始発列車で出発して、夜に東京に着いて、そのまま尾瀬夜行で沼田へ。
燧ヶ岳に登って、東武線で東京に戻り、その晩の大垣夜行に乗って翌日の夜に広島に帰るという、今では考えられない行程でした。

で、今回は名古屋から車で。
20時半に出発し、中央道の長野県内のパーキングで仮眠。

翌朝、沼田インターを下りて、ガソリンスタンドに寄ったら、店員さんがナンバーを見て「広島からですか?」とビックリされたので、「転勤で名古屋からなんですよ」と言ったけど、「それでもすごい」と言われました(汗)
目的地を訊かれたので「尾瀬に行きます」と言ったら、「帰りにぜひ吹割の滝に寄ってみてください」って薦められました。

戸倉駐車場に9時過ぎに到着。
乗り合いタクシーで鳩待峠へ。

f:id:gomashio-oyaji:20210613100934j:plain

鳩待峠

f:id:gomashio-oyaji:20210613100955j:plain

尾瀬入口

至仏山へは鳩待峠からの単純往復も考えたけど、せっかく尾瀬ヶ原からの登山道が通れるようになったので、山の鼻まわりで登ります。

f:id:gomashio-oyaji:20210613101019j:plain

林の中の木道

f:id:gomashio-oyaji:20210613101043j:plain

リンドウ系?

山の鼻は、尾瀬ヶ原の入り口って感じだけど、雰囲気いいですね。

f:id:gomashio-oyaji:20210613101111j:plain

尾瀬の湿原

f:id:gomashio-oyaji:20210613101147j:plain

向こうに燧ヶ岳

少しだけ湿原の木道を歩いて、やがて至仏山への登り道に。
結構急登で、鎖や岩場もありました。
でも、振り返ると尾瀬ヶ原や燧が岳が一望できて、気分がいいです。

f:id:gomashio-oyaji:20210613101214j:plain

山の鼻の登山口

f:id:gomashio-oyaji:20210613101235j:plain

尾瀬を振り返る

f:id:gomashio-oyaji:20210613101255j:plain

休憩中

山頂の展望は360度。
ただ、山頂を示す石標が立派すぎて、墓石のように見えるんですけど・・・(汗)

f:id:gomashio-oyaji:20210613101315j:plain

山頂

f:id:gomashio-oyaji:20210613101342j:plain

山頂からの尾瀬

下りは、尾根沿いに小至仏山を通って鳩待峠へ。

f:id:gomashio-oyaji:20210613101406j:plain

至仏山を振り返る

f:id:gomashio-oyaji:20210613101434j:plain

途中の湿地帯

歩行時間は5時間半くらいでした。

沼田への途中、吹割の滝に寄り道。
名前も知らなかったけど、「日本のナイアガラ」とも呼ばれてるそうで、なかなかおもしろい景観です。

f:id:gomashio-oyaji:20210613101501j:plain

吹割の滝その1

f:id:gomashio-oyaji:20210613101525j:plain

吹割の滝その2

続いて、滝からほど近い老神温泉へ。
川沿いに何軒かのホテルや旅館があって、奥にあった日帰り温泉施設へ入りました。
お湯は無色透明。
客も少なかったので、ゆっくり入れました。

f:id:gomashio-oyaji:20210613101555j:plain

老神温泉

f:id:gomashio-oyaji:20210613101615j:plain

露天風呂

帰り、中央道が事故通行止めで、一般道に迂回したため余計に時間がかかって、名古屋到着は0時半になってしまいました。

2011年12月 天ヶ瀬温泉へ(大分県)

■水害で大きな被害を受けた日田彦山線添田~夜明間)は、鉄道での復旧をあきらめ、BRTに転換されることになりました。
もう乗ることができないのは残念ですが、仕方がありません。
コロナによる乗客減や自然災害の多発で、今後ローカル線の廃止が一層加速するのは間違いありません。
今のうちに乗っておきたいと思います。


広島から青春18キップで日帰りできる温泉ってことで、気になっていた九州の温泉へ。
行きは始発で出発して日田彦山線経由、帰りは現地での滞在時間が長く取れる久大線鹿児島線経由の最終で。
しかし、天ヶ瀬での滞在可能時間は1時間ちょっとだけ。

さて、日田彦山線に乗ったのは、20数年前に、広島→小倉(泊)→(日田彦山線)→日田→(バス)→羅漢寺→青の洞門→(バス)→中津→宇佐→国東半島めぐり(定期観光バス)→宇佐→小倉→広島と旅行したとき以来です。

昔の炭鉱地帯の鉄道とか興味あるんですよね。
写真家 土門拳の作品に「筑豊のこどもたち」ってのがあるんだけど、イメージとして日田彦山線池尻駅が浮かびます。
それに、採銅所とか、降りてみたくなる駅名があったりするんですよね。
香春岳を見て、筑豊炭田地帯を抜けると、深い山の中を走り、彦山駅を過ぎると長いトンネルを抜けて大分県に入り、やがて終点日田に着きます。
景色も変化に富んでて、好きな路線の一つです。

f:id:gomashio-oyaji:20210530210902j:plain

小倉駅

f:id:gomashio-oyaji:20210530210932j:plain

車内

f:id:gomashio-oyaji:20210530210958j:plain

小倉焼きうどん

f:id:gomashio-oyaji:20210530211024j:plain

天ヶ瀬駅

で、天ヶ瀬温泉は、温泉街の中に駅があるので便利です。
玖珠川沿いに5つの共同露天風呂があって、すべて混浴で、料金箱に100円入れて入るシステム。

時間的に全部入るのは無理なので、駅前温泉、薬師湯、神田湯の3カ所をはしごしました。
うち、一番開放的なのが、神田湯。
橋の上や対岸のホテルから丸見えです。
あとの2カ所は、外から見えないように覆いがつけられていますが、駅前温泉では観光客が何人かのぞきに来ました。

f:id:gomashio-oyaji:20210530211102j:plain

玖珠川

f:id:gomashio-oyaji:20210530211127j:plain

神田湯入口

f:id:gomashio-oyaji:20210530211201j:plain

神田湯全景

f:id:gomashio-oyaji:20210530211224j:plain

神田湯にて

f:id:gomashio-oyaji:20210530211302j:plain

薬師湯入口

f:id:gomashio-oyaji:20210530211329j:plain

薬師湯全景

f:id:gomashio-oyaji:20210530211354j:plain

薬師湯にて

f:id:gomashio-oyaji:20210530211426j:plain

駅前温泉入口

f:id:gomashio-oyaji:20210530211455j:plain

駅前温泉全景

f:id:gomashio-oyaji:20210530211521j:plain

駅前温泉にて

f:id:gomashio-oyaji:20210530211557j:plain

ホテルの露天風呂も開放的

どこも入浴客は一人もいなくて、ちょっと寂しかったけど、気兼ねなく写真が撮れました(笑)
かなり急がしかったけど、行きたかった温泉に安く行けて満足です。

f:id:gomashio-oyaji:20210530211650j:plain

天ヶ瀬駅

f:id:gomashio-oyaji:20210530211714j:plain

ゆふいんの森日田駅





2017年5月 大竹の工場夜景(広島県)

土曜日の夕方。
大竹の工場夜景を見に、車で出発。
ここは、岩国大竹コンビナートで石油化学の工場が立地しています。

まず、小高い亀居公園へ。
ここからは、大竹の市街地がよく見えます。

f:id:gomashio-oyaji:20210529135529j:plain

亀居公園から

f:id:gomashio-oyaji:20210529135605j:plain

亀居城址にて

もう少しで日が暮れそうなので、工業地区へ移動。
工場に近づけるのでいい感じです。
で、ちょっとだけ道路に車を停めて撮影。
フェンスが邪魔だったりするけど、仕方ありません。

f:id:gomashio-oyaji:20210529135636j:plain

工場その1

f:id:gomashio-oyaji:20210529135700j:plain

工場その2

f:id:gomashio-oyaji:20210529135724j:plain

工場その3

f:id:gomashio-oyaji:20210529135750j:plain

工場その4

f:id:gomashio-oyaji:20210529135829j:plain

工場その5

ついでに小方港へ。
海を挟んで撮影できます。

f:id:gomashio-oyaji:20210529135912j:plain

小方港から

こういう景色って、一般の人はどう感じているのでしょうか。
マニアックな世界だとは思いますが。

意外に時間がかかって、広島に帰ったのは22時になっちゃいました。

2019年4月 毛無山・山開き(広島県)

中国山地島根県境に近い福田頭(ふくだがしら)とも呼ばれている山。
山開き神事のお知らせを知ったので、見学ついでに登ってきました。

山開き神事には、地元の神社の神主さんと、来賓の方や地元の人が十数人ほど集まっておられましたが、登山の格好をしているのは自分だけでした。
中国新聞の記者が取材に来ていて、「どちらから?とか、この山の魅力は?とか、質問されてしまいました。
で、神事の終わりに、皆さんの前で登山者代表として玉串奉納をさせられちゃいました(汗)

f:id:gomashio-oyaji:20210523201930j:plain

山開き神事

さて、山の方は、南側から沢筋に沿って登っていきます。
一ノ滝、二ノ滝、三ノ滝と、滝が続きます。
水量は少ないけど。

f:id:gomashio-oyaji:20210523202036j:plain

登山口

f:id:gomashio-oyaji:20210523202103j:plain

二ノ滝

f:id:gomashio-oyaji:20210523202123j:plain

三ノ滝

沢が終わって峠に着いてから、稜線に出るまでは直登の急坂。
ブナ林を見ながらゆっくりゆっくり登ります。

f:id:gomashio-oyaji:20210523202150j:plain

稜線の道

稜線をゆるく下ったり登ったりして頂上へ到着。
山頂はそんなに広くないけど、10人くらいのグループと、2人連れ2組が食事していました。
展望はなかなかです。
比婆山、吾妻山、猿政山、大万木山。
遠くに雪の伯耆大山も見えました。

f:id:gomashio-oyaji:20210523202217j:plain

山頂からの展望

f:id:gomashio-oyaji:20210523202501j:plain

伯耆大山

f:id:gomashio-oyaji:20210523202533j:plain

山頂にて

下山は稜線を北に下ります。
急坂をぐんぐん下って、昇龍の滝が見えると、やがて林道へ到着。
林道を1時間ほど歩いて駐車場に戻りました。
神事も厳かだったし、なかなか登りごたえのある山でした。

なお、翌日の中国新聞をチェックしてみると、写真は神事の全体風景と、インタビュー記事は地元の観光協会の人で、自分インタビューはボツになったようです。

 

 

2007年3月 大阪渡船めぐり

用事で大阪に行ったついでに、渡船めぐりウォーク。
これは、サイクリングのガイド本に載っていたコースなんだけど、歩いても時間的に十分まわれそうだったので、歩いて回ってみました。

大阪市内には8ヶ所の渡船が残っていて、いずれも乗船料(運賃)は無料なんですよ。
自転車も無料ですが、バイクは乗船できません。

さて、スタートはJR大正駅
ガイド本を見ながら南へ2キロちょっと歩いて、まずは落合上渡船へ。
大正区(千鳥)から西成区(北津守)へ渡ります。

f:id:gomashio-oyaji:20210516094903j:plain

落合上渡船

f:id:gomashio-oyaji:20210516094929j:plain

案内標識

f:id:gomashio-oyaji:20210516095008j:plain

木津川水門

f:id:gomashio-oyaji:20210516095033j:plain

対岸(西成区北津守)を見る

地元の足って感じですね。
自転車の人が多いです。
時刻表を見ると、朝夕は便数が多いから、通勤通学の足になっているんでしょうね。

続いて、南へ700メートルほど歩いて落合下渡船へ。
西成区(津守)から大正区(平尾)に戻ります。

f:id:gomashio-oyaji:20210516095107j:plain

落合下渡船

f:id:gomashio-oyaji:20210516095130j:plain

案内標識

f:id:gomashio-oyaji:20210516095155j:plain

船内

f:id:gomashio-oyaji:20210516095223j:plain

船内から大正区側を見る

f:id:gomashio-oyaji:20210516095249j:plain

大正区側乗船場

ガイドブックに、平尾本通商店街に立ち寄ってみよう、と書いてあったので、ちょっと寄り道。
ここは、通称「沖縄村」だそうで、実際ソーキソバ屋や沖縄の食材店などが何軒もありました。

f:id:gomashio-oyaji:20210516095317j:plain

平尾本通商店街

f:id:gomashio-oyaji:20210516095351j:plain

スナップ

さらに南へ歩いて、千本松大橋のたもとの千本松渡船。
大正区(南恩加島)から、西成区(南津守)へ。

f:id:gomashio-oyaji:20210516095428j:plain

千本松渡船

f:id:gomashio-oyaji:20210516095453j:plain

案内標識

f:id:gomashio-oyaji:20210516095518j:plain

大正区側乗船場

f:id:gomashio-oyaji:20210516095548j:plain

大正区側から対岸を見る

f:id:gomashio-oyaji:20210516095616j:plain

船からの眺め

f:id:gomashio-oyaji:20210516095639j:plain

船内

橋が架かっても、車でないと橋を通るのは大変そうです。

次は南西に2キロちょっと歩いて木津川渡船へ。
ここは運航便数が少なくて、昼間は1時間に1便ほどしかないのです。
住之江区(平林北)から大正区(船町)へ乗船。

f:id:gomashio-oyaji:20210516095720j:plain

木津川渡船

f:id:gomashio-oyaji:20210516095742j:plain

住之江区側乗船場その1

f:id:gomashio-oyaji:20210516095842j:plain

住之江区側乗船場その2

f:id:gomashio-oyaji:20210516095910j:plain

対岸を見る

f:id:gomashio-oyaji:20210516095945j:plain

大正区側乗船場

続いて、北へ1キロほど歩いて木津川運河の船町渡船へ。
ここは、大正区内の航路で、対岸が近いです。

 

f:id:gomashio-oyaji:20210516100031j:plain

船町渡船

f:id:gomashio-oyaji:20210516100058j:plain

案内標識

f:id:gomashio-oyaji:20210516100126j:plain

船町側乗船場にて

f:id:gomashio-oyaji:20210516100149j:plain

船内

f:id:gomashio-oyaji:20210516100213j:plain

鶴町側から対岸を見る

次は、北へ2キロばかり歩いて千歳渡船へ。
ここも大正区内で、千歳橋の真下です。

f:id:gomashio-oyaji:20210516100244j:plain

千歳渡船

f:id:gomashio-oyaji:20210516100307j:plain

大正内港方面

f:id:gomashio-oyaji:20210516100332j:plain

千歳橋

f:id:gomashio-oyaji:20210516100358j:plain

時刻表

f:id:gomashio-oyaji:20210516100422j:plain

北恩加島側乗船場入口

さらに北へ1キロ半ほど歩いて甚兵衛渡船へ。
ここも対岸が近いです。
大正区(泉尾)から港区(福崎)へ入ります。

f:id:gomashio-oyaji:20210516100453j:plain

甚兵衛渡船

f:id:gomashio-oyaji:20210516100518j:plain

案内標識

f:id:gomashio-oyaji:20210516100558j:plain

大正区側乗船場

f:id:gomashio-oyaji:20210516100624j:plain

尻無川水門

f:id:gomashio-oyaji:20210516100647j:plain

港区側乗船場にて

最後、西へ3キロほど歩いて天保山渡船へ。
せっかくなので、桟橋近くの標高5メートルの日本一低い山、天保山へ登山(笑)

f:id:gomashio-oyaji:20210516100718j:plain

天保山の三角点

f:id:gomashio-oyaji:20210516100739j:plain

山頂

渡船は阪神高速湾岸線天保山大橋の下。
港区(築港)から此花区桜島)へ。

 

f:id:gomashio-oyaji:20210516100830j:plain

天保山渡船

f:id:gomashio-oyaji:20210516100853j:plain

時刻表

f:id:gomashio-oyaji:20210516100913j:plain

海賊船が通過

f:id:gomashio-oyaji:20210516101001j:plain

船内からの観覧車

f:id:gomashio-oyaji:20210516101030j:plain

此花区側乗船場

ゴールはJR桜島駅で、総歩行距離約15キロくらいかな。
渡船の待ち時間を含め、所要時間は約6時間でした。
最初、いきなり道を間違えて引き返したり、乗り場がわからなくて探したりと、かなり時間ロスをしたけど、そのあとは順調に歩けました。
大阪市内にこんなに渡船があること自体も知らなかったけど、結構楽しめました。

 

2014年1月 喫茶マウンテン(愛知県)

仕事で名古屋大学に行くことになり、職場の名古屋っ子のおばさん(失礼)に、食事するのにお薦めの店を尋ねたところ、笑いを込めて「ぜひマウンテンへ」とのこと。
調べてみると、ちゃんとした喫茶店なんだけど、メニューの甘口スパが有名で、学生が罰ゲームに食べさせられたりしているらしい。
せっかく名古屋に転勤したんだから、名物を食べてみようと、行ってみました。

f:id:gomashio-oyaji:20210505214608j:plain

巨大看板

f:id:gomashio-oyaji:20210505214655j:plain

喫茶マウンテン

f:id:gomashio-oyaji:20210505214719j:plain

店内

で、とりあえず抹茶小倉スパに注文!

f:id:gomashio-oyaji:20210505214743j:plain

抹茶小倉スパ

スパとクリームと小倉の絶妙なハーモニー。
ズバリ言って、まずいです。
食べても食べても、なかなか減りません。

が、根性で完食。
スタンプカードをいただきました。
4種類を完食したら「登頂」で、飲み物がタダになるようです。

f:id:gomashio-oyaji:20210505214811j:plain

完食

f:id:gomashio-oyaji:20210505214834j:plain

スタンプカード

そして、1年後、また名古屋大学で仕事がありました。
スタンプカードを無駄にしないために、また甘口スパを食べます。

冬春限定の甘口イチゴスパに挑戦します!
これは普通においしそうです。

f:id:gomashio-oyaji:20210505214905j:plain

甘口イチゴスパ

前回は、スパと抹茶小倉を混ぜて食べて失敗したので、今回は、まずスパの部分だけを食べて、続けて残ったデザート部分を食べる作戦に変更。

f:id:gomashio-oyaji:20210505214933j:plain

作戦前半終了

これでも苦しかったけど、前回よりは楽に完食しました!

f:id:gomashio-oyaji:20210505215018j:plain

完食

f:id:gomashio-oyaji:20210505215042j:plain

スタンプカード

名古屋の食文化はホント奥が深いです(笑)

2016年3月 阿蘇の野焼き

阿蘇の野焼きを近くで見てみたいと思って、ホームページで日程を調べてみました。
知らなかったけど、野焼きの火消しボランティアというものを募集しているんですね。
参加してみようかと思ったけど、事前の研修を受けなきゃいけないみたいだし、本番の時も写真を撮ったり自由に移動したりはできそうになさそうなので、やめました(汗)

で、野焼きの日程は、何時にどの地区というのは出てなくて、ただ道路の通行止めの時間しかわからない。
道路が通行止めだと見物に行けないけど、北側の外輪山の野焼きの日は、大観峰へは通行可とあったので、ここに決めました。
念のため早めに行って大観峰の駐車場で待機。

f:id:gomashio-oyaji:20210504204622j:plain

阿蘇の眺め

遠くに何ヶ所か野焼きの火が見えました。
望遠で写真を撮ったけど、遠すぎて全然迫力がない。

もっと近くまで行ってみようと、通行可能な国道212号線を、火を求めて歩いてみました。

が、何ヶ所か、目の前に燃えてる火もあったけど、燃え方があまり迫力がない。
野焼きってこんなものなのかなぁと、ちょっとガッカリ。

f:id:gomashio-oyaji:20210504204757j:plain

野焼きその1

f:id:gomashio-oyaji:20210504204833j:plain

野焼きその2

f:id:gomashio-oyaji:20210504204858j:plain

野焼きその3

大観峰に戻ったら、ちょうど軽トラが観光客の中を展望台の方へ進んで行き、その他にも何人もの消防団員みたいな人が歩いて向かっていました。
「おっ、始まる」と思って走って展望台へ。

大観峰の展望台の真下から点火され、展望台の方へ燃え上がってきます。
すごい!
それに、結構熱い。
火の粉も降ってきます。
「危ないから近づかないで」の声。
本当に危ない感じなので、待避しました。

f:id:gomashio-oyaji:20210504204935j:plain

大観峰付近その1

f:id:gomashio-oyaji:20210504205019j:plain

大観峰付近その2

f:id:gomashio-oyaji:20210504205039j:plain

大観峰付近その3

f:id:gomashio-oyaji:20210504205105j:plain

大観峰付近その4

f:id:gomashio-oyaji:20210504205130j:plain

大観峰付近その5

f:id:gomashio-oyaji:20210504205238j:plain

終了後の記念撮影

最初から大観峰で待っていれば良かったと思ったけど、十分満足しました。

帰りは、わいた温泉へ。
お気に入り温泉の一つです。

f:id:gomashio-oyaji:20210504205300j:plain

わいた温泉

f:id:gomashio-oyaji:20210504205322j:plain

湧蓋山を望む露天風呂