ごま塩オヤジの全国探訪記

これまでに歩いたところ、走ったところ、訪れたところなどを振り返ってみたいと思います。

2014年4月 東海道サイクリング⑥(水口→京都)

今回は、終点・京都を目指すルートです。
名古屋から西は、関までは走行済みだけど、鈴鹿峠は危険な感じがするのでパスし、水口からスタートすることにしました(汗)

名古屋を6時半の新幹線で米原へ。近江鉄道に乗り換えて、水口石橋駅で下車し、自転車を組み立てて9時に出発。
まず水口宿まで往復してから、東海道を西へ。
しばらく行くと、横田の渡しがありました。
渡しは、大井川や七里の渡しだけじゃないんですよね。

f:id:gomashio-oyaji:20200504171024j:plain

横田渡し

三雲駅の先から草津の手前までは走りやすい道。
途中、天井川のトンネルが2カ所。
昔は、トンネルじゃなくて、川を登ってたのでしょうね。

f:id:gomashio-oyaji:20200504171059j:plain

天井川

草津には、中山道との分岐と、立派な本陣がありました。

f:id:gomashio-oyaji:20200504171125j:plain

中山道との分岐

f:id:gomashio-oyaji:20200504171151j:plain

草津宿本陣

瀬田の唐橋を通過し、逢坂の登りへ。
自転車を押して歩かなきゃ無理かなと思ったけど、大丈夫でした。

f:id:gomashio-oyaji:20200504171317j:plain

瀬田の唐橋

山科から先の東山越えは、京阪電車の線路跡を利用して道路が拡幅してあって走りやすいですが、京都に入ってからは歩道は観光客が多くて走りにくいです。

東海道の終点・三条大橋には13時に到着。付近は人だらけでした。
東京から何日か走り通して三条大橋に到着したのなら感慨もひとしおでしょうが、細切れサイクリングの場合は、そんなに感動はありません(笑)
京都駅まで走って、自転車を畳みました。

f:id:gomashio-oyaji:20200504171345j:plain

三条大橋

そういえば、ネットで見ると、東京から京都まで自転車で2日間で走ったという人がいるけど、信じられないです。
信号もあるし、道がわかりにくい場所もあるし。
それに、時間を競って距離をかせぐだけではもったいないと思うんですよね。
車や単車とは違って、自転車はすぐ停車できるから、立ち止まったり寄り道したりするのが楽しいと思います。