ごま塩オヤジの全国探訪記

これまでに歩いたところ、走ったところ、訪れたところなどを振り返ってみたいと思います。

2014年3月 衣浦トンネル(愛知県)

土曜日の午後、半日ほど時間が空いたので、産業遺産のガイド本に載っていた半田市内と衣浦トンネルを組み合わせて、探訪してみました。

名鉄名古屋駅から住吉町駅で下車し、半田市の産業遺産めぐり。

まず、明治時代に建てられた赤レンガ建物。
ビール工場だったそうです。
かなり痛んでる感じだけど、時代を感じます。

f:id:gomashio-oyaji:20210328152527j:plain

赤レンガその1

f:id:gomashio-oyaji:20210328152600j:plain

赤レンガその2

続いて、JR半田駅跨線橋を駅の外から見学。
日本最古の跨線橋だそうです。

f:id:gomashio-oyaji:20210328152632j:plain

跨線橋

駅の横には半田市鉄道資料館があって、屋外には蒸気機関車も展示してありました。

f:id:gomashio-oyaji:20210328152702j:plain

鉄道資料館

f:id:gomashio-oyaji:20210328152735j:plain

蒸気機関車C11

少し歩いて半田運河へ。
古い蔵が立ち並んでいます。
ここはミツカンの本社があるのかな。
江戸時代、運河を使って酢を江戸へ船で運んでいたそうです。

f:id:gomashio-oyaji:20210328152805j:plain

観光協会

f:id:gomashio-oyaji:20210328152832j:plain

酒の文化館

f:id:gomashio-oyaji:20210328152902j:plain

運河その1

f:id:gomashio-oyaji:20210328153235j:plain

運河その2

f:id:gomashio-oyaji:20210328153301j:plain

記念撮影

半田市街から約1時間歩いて、衣浦トンネルへ。
衣浦港を横断する海底トンネルで、人も歩いて通れます。
対岸は結構近くに見えました。
海底の下をトンネルを掘ったのではなく、海底に函を沈めて、函の中を通れるようにしたトンネルだそうです。

f:id:gomashio-oyaji:20210328153403j:plain

対岸を見る

f:id:gomashio-oyaji:20210328153455j:plain

トンネル入口

f:id:gomashio-oyaji:20210328153531j:plain

トンネル内

f:id:gomashio-oyaji:20210328153611j:plain

中間地点にて

しかし、ここは人道用のエレベーターがついていません。
海底まで階段を歩かされました。
関門海峡の人道トンネルや大阪の安治川トンネルは、エレベーターがついているのに・・・。
対岸へ渡って、工場地帯を歩いて碧南駅に出て、名鉄で帰りました。

f:id:gomashio-oyaji:20210328153648j:plain

対岸から

f:id:gomashio-oyaji:20210328153923j:plain

知多湾方面

f:id:gomashio-oyaji:20210328153956j:plain

線路跡っぽい遺構

f:id:gomashio-oyaji:20210328154029j:plain

碧南駅

f:id:gomashio-oyaji:20210328154101j:plain

名鉄電車

f:id:gomashio-oyaji:20210328154133j:plain

車内にて