ごま塩オヤジの全国探訪記

これまでに出かけたところを振り返ってみました。

2022年5月 明延鉱山(兵庫県)

遺構へ行こう!ということで、広島を6時過ぎに車で出発。
山陽道をひたすら東へ。
竜野インターからは一般道を北へ。

道の駅で休憩

峠越えは、すれ違い困難な道かと覚悟していたけど、大丈夫でした。
明延には10時半に到着。

次の坑道見学は11時半とのことなので、それまでの間に一円電車(鉱山鉄道)が走るのを見たり、鉱山の歴史や仕事を紹介するビデオを見たりしました。

一円電車

車内

展示車両

で、坑道見学。
見学者は十数人。
担当の人が、坑道内部や鉱山に関わる色々な説明をしてくれます。

坑道入口

坑内にて

閉山する前には、効率的な大型機械も導入してがんばったようだけど、採算が取れなくなり閉山したとのこと。
まだ良質の鉱脈が残っているそうです。
日本には、石灰岩以外の鉱山はほとんど残ってないですよね。

坑内その1

坑内その2

ここは、地域一丸となって、鉱山遺構の保存や活用に向けて、がんばっているようです。

さて、明延を後にして、ちょっと寄り道しながら帰ります。
まず、相生市の万葉岬へ行ってみます。

が、到着したところで、明延鉱山から近い選鉱場に寄るのを忘れてたことに気づいたけど、もう引き返す時間もないし、後の祭りです(泣)

ここは、瀬戸内海が180度見渡せる場所。
展望台に上ってみたけど、回りの木が高く伸びてしまっていて、展望はあまり良くなくて、せっかくの展望台なのにもったいない感じでした。

万葉の岬

続いて赤穂市の伊和都比売神社へ。
鳥居越しに海が見えるということで、旅行雑誌に「絶景」と紹介されていたので来てみたんたけど、そんなに感動しませんでした…(汗)

鳥居

続いて、赤穂城と、赤穂義士を祀る大石神社へ。

赤穂城

海とつながっていた堀

大石神社

四十七義士石像

今日の観光はここまでにして、山陽道を走って広島に帰りました。