ごま塩オヤジの全国探訪記

これまでに歩いたところ、走ったところ、訪れたところなどを振り返ってみたいと思います。

2012年6月 三瓶山の温泉めぐり①

広島から友人とドライブへ。
目的地は、島根の友人に教えてもらった三瓶山近くの温泉。

迷わずに行けました。
一軒宿の旅館で、貸切の個室の内湯が4つあります。
日帰り入浴は1時間で一人500円。
析出物がこびりついていて、いい雰囲気です。
茶褐色のお湯のそこには、泥のような細かい粒子がたまっています。
素朴だけど、いい温泉でした。

f:id:gomashio-oyaji:20201223205413j:plain

外観

f:id:gomashio-oyaji:20201223205448j:plain

お風呂

f:id:gomashio-oyaji:20201223205529j:plain

入浴シーン

さて、とりあえず満足したので、これから三瓶山でも向かうか、と思って車を走らせると、道路脇に「池田ラジウム鉱泉」の案内看板が。
ついでだから寄ってみることにしました。

日帰り入浴可能かどうかネットで調べてみると、そこは「三瓶3秘湯」の一つらしく、先ほどの温泉もその一つらしい。こうなったら、3秘湯を制覇するしかないですよね。

一軒宿の温泉で、家族風呂が2つ。
玄関前に源泉があって、チョロチョロと湧き出ていて、茶色の水が流れていました。
飲泉できるようになっています。

f:id:gomashio-oyaji:20201223205600j:plain

外観

f:id:gomashio-oyaji:20201223205624j:plain

源泉

「準備をするからちょっと少し待ってください」と言われて、ちょっと待ってから入浴。
ラジウムの含有量が多いんだと思うけど、お湯は茶褐色で、三瓶山周辺の他の温泉と同じような感じです。
湯の温度が低い場合は、スイッチを入れて自分で沸かすようになっています。
こういうシステムは、他の内湯の温泉でもみかけますね。
小さいけど露天風呂もありました。

f:id:gomashio-oyaji:20201223205654j:plain

お風呂

さて、3秘湯の最後は、千原温泉。
ナビにしたがって、狭い山道を延々と進んでいったけど、少し遠回りになるけど広い道もあったようです。

ここも一軒宿の温泉。
ぬるめのお湯だけど、30分も入っているとポカポカしてくるとのこと。
冬の間は、五右衛門風呂に上がり湯の用意があるそうです。
濁った温泉が、浴槽の底からポコポコと湧いています。
スーパー銭湯みたいにテレビもなく、ただただじっとお湯の中に座っているだけだけど、なんかすごく気に入りました。

f:id:gomashio-oyaji:20201223205726j:plain

外観

f:id:gomashio-oyaji:20201223205751j:plain

お風呂から更衣室を見る

f:id:gomashio-oyaji:20201223205814j:plain

お風呂

というわけで、3カ所ともいい温泉でした。

で、途中の赤名でステーキを食べて、17時に広島に帰りました。