ごま塩オヤジの全国探訪記

これまでに歩いたところ、走ったところ、訪れたところなどを振り返ってみたいと思います。

2016年7月 大阪あちこち③(ウォーターフロント)

熊本から2泊3日で関西旅行。
初日は大阪、2日目は京都、3日目は奈良の予定です。

まずは大阪のベイエリア舞洲へ。
特に目的はないんだけど、ベイエリアの風景は好きなので。

で、最初は自転車で走ることを考えてたんだけど、自転車を持って行くのは面倒だし、レンタサイクルも借りた場所に返すのが面倒だし、ということで、徒歩にしました(汗)
まあ、徒歩が一番楽ですね、移動に時間はかかるけど。

ということで、JR桜島駅を降りてUSJの横を通って此花大橋へ。
この端は両側に歩道のついた吊り橋で、橋面までのアプローチは、大阪市内側はループの歩道、舞洲側は一直線の下り坂になっています。

f:id:gomashio-oyaji:20220130075028j:plain

らせん状の歩道

f:id:gomashio-oyaji:20220130075056j:plain

コスモスクエア方面

f:id:gomashio-oyaji:20220130075247j:plain

橋の上にて

f:id:gomashio-oyaji:20220130075309j:plain

港大橋方面

f:id:gomashio-oyaji:20220130075342j:plain

環境局舞洲工場

なかなか景色が良く、スラッジセンターや環境局の工場のデザインが斬新で目に付きます。
風景としては違和感があるけど、慣れたら別に気にならないかも。

舞洲に渡って次は、舞洲大阪市内と結ぶもう一つの橋の常吉大橋を歩いてみました。
常吉大橋斜張橋で、片側のみ歩道がついています。

f:id:gomashio-oyaji:20220130075619j:plain

此花大橋を見る

f:id:gomashio-oyaji:20220130075646j:plain

尼崎方面

f:id:gomashio-oyaji:20220130075709j:plain

六甲山方面

f:id:gomashio-oyaji:20220130075729j:plain

スラッジセンター

舞洲に戻って、今度は夢洲舞洲を結ぶ夢舞大橋へ。
事前に調べたところ、自転車・徒歩とも通行可能とあったけど、実際に行ってみると自転車・歩行者は通行禁止の看板があって、歩道にバリケードがありました。
残念。

f:id:gomashio-oyaji:20220130075820j:plain

夢舞大橋

さて、舞洲はこれでおしまい。
バスで桜島駅へ戻って、ミナミに移動してちょっと時間をつぶしてから、もう一つの目的である「落語家と行くなにわ探検クルーズ」へ。

これは、湊町乗船場から、道頓堀川を西へ向けて航行し、木津川、堂島川東横堀川を通って、道頓堀川に戻る一周コースで、若手落語家が案内をするというクルーズです。
大阪の友人と待ち合わせて乗船。

f:id:gomashio-oyaji:20220130080052j:plain

出航

f:id:gomashio-oyaji:20220130080118j:plain

木津川

f:id:gomashio-oyaji:20220130080145j:plain

安治川

f:id:gomashio-oyaji:20220130080214j:plain

中央卸売市場

堂島川に入って、水面からの高さが低い橋を通過する時は、船の高さが低くなります。

f:id:gomashio-oyaji:20220130080250j:plain

大阪国際会議場

f:id:gomashio-oyaji:20220130080315j:plain

ザ・タワー大阪

f:id:gomashio-oyaji:20220130080340j:plain

アクア堂島

f:id:gomashio-oyaji:20220130080405j:plain

フェスティパルタワー

f:id:gomashio-oyaji:20220130080455j:plain

大江橋

岸におばちゃん数人がいるのが見えて、落語家さんが「おばちゃんに手を振ったら、絶対に振り返してきますよ」と言うので、言われたとおり手を振ってみると、その通り返ってきました。

f:id:gomashio-oyaji:20220130080521j:plain

天満橋付近

f:id:gomashio-oyaji:20220130080546j:plain

天神橋

f:id:gomashio-oyaji:20220130080612j:plain

東横堀川に入る

東横堀川は、上を高速道路が走っていて、水辺のオアシス感はほとんどなく、ただの排水路のようです。

f:id:gomashio-oyaji:20220130080637j:plain

道頓堀川に入る

f:id:gomashio-oyaji:20220130080703j:plain

道頓堀付近

f:id:gomashio-oyaji:20220130080728j:plain

グリコ看板前

約90分のクルーズで湊町に戻りました。
なかなか楽しかったです。
大阪市内には、昔はもっと多くの堀や川があったけど、ほとんど埋められてしまって、残っているのは今日通った東横堀川道頓堀川くらいだそうです。
せっかくの昔からの財産だし、クルーズ船は素敵な活用方法だと思います。