ごま塩オヤジの全国探訪記

これまでに歩いたところ、走ったところ、訪れたところなどを振り返ってみたいと思います。

2012年11月 西熊山(徳島県)

ここ何年も、年賀状には、この年に登った山の写真を載せています。
今年は、夏にいい写真が撮れなかったので、紅葉とセットで、絵になる形のいい山はないかなあ、と、本屋で紅葉の登山ガイド本をめくっていて、四国の三嶺を西熊山から撮った写真が目に入りました。

そこで、西熊山へ。
標高は1815m。
登山コースを調べると、三嶺から縦走するのが一般的みたいで、西熊山だけに登るルートはなかなか出てきません。
日帰りなので縦走は無理なので、地図を見て、一番楽そうな西山林道の登山口からピストンすることに決定。

広島を夜9時に出発して、四国に入って仮眠。

f:id:gomashio-oyaji:20200810084636j:plain

瀬戸大橋

朝8時から登山開始。
登山道は、いきなり樹林の中をひたすら登り。
やっと樹林帯を抜けると、急に展望が広がり、木々には霧氷が!
予想外の風景に感激です。
登りの苦しみが報われた感じです。

f:id:gomashio-oyaji:20200810084758j:plain

西熊山

f:id:gomashio-oyaji:20200810084824j:plain

霧氷

f:id:gomashio-oyaji:20200810084903j:plain

天狗塚

f:id:gomashio-oyaji:20200810085215j:plain

遠くに三嶺

f:id:gomashio-oyaji:20200810085405j:plain

山頂

f:id:gomashio-oyaji:20200810085452j:plain

西熊山からの三嶺その1

f:id:gomashio-oyaji:20200810085519j:plain

西熊山からの三嶺その2

f:id:gomashio-oyaji:20200810085544j:plain

お亀岩避難小屋前

コメツツジの紅葉は終わっていたけど、霧氷と一緒に三嶺の写真を撮ることができました。
健脚でグイグイ登れてたら、三嶺まで往復できたかもしれませんね。

帰りは、かずら橋に寄って「ホテル祖谷温泉」に。
ケーブルカーで川辺のお風呂に下りて行くことで有名な温泉です。
駐車場が満車だったので、ホテルから少々離れた道路沿いに車を置きました。
1500円は少し高いけど、ケーブルカーの維持費もかかるだろうし、まあ話の種ということで。
お湯は、少し硫黄の匂い。
紅葉の季節は特に景色がよさそうです。

f:id:gomashio-oyaji:20200810085622j:plain

かずら橋その1

f:id:gomashio-oyaji:20200810085648j:plain

かずら橋その2

f:id:gomashio-oyaji:20200810085713j:plain

ケーブルカー

f:id:gomashio-oyaji:20200810085737j:plain

温泉

欲を言えば、ケーブルカーは1台で往復しているので、待ち時間が少々かかること。
ケーブルカーで風呂に入るパターンはここだけかと思っていたら、近くには、ケーブルカーで山の上の風呂に登って行く「新祖谷温泉」ってのもあるんですよね。
いつか行かなくちゃ。