ごま塩オヤジの全国探訪記

これまでに歩いたところ、走ったところ、訪れたところなどを振り返ってみたいと思います。

2014年8月 金峰山(山梨県)

名古屋からの百名山登山シリーズ。

地図を見ると、瑞籬山から近いんですね。
百名山の選定って、結構偏っているような気がします。

前夜20時に車で出発。
1時半に大弛峠の登山口駐車場に到着して車中泊
標高が高いせいか寒かった。


翌朝、軽く朝食をとって出発。
今日は単純往復。
天気が良く、展望も良さそう。

f:id:gomashio-oyaji:20210923132117j:plain

大弛峠から出発

少し登ったあたりから、木の間から富士山が見えました。

f:id:gomashio-oyaji:20210923132141j:plain

富士山

f:id:gomashio-oyaji:20210923132205j:plain

明るい登山道

f:id:gomashio-oyaji:20210923132230j:plain

朝日岳付近からの金峰山

登ったり下ったりを繰り返して、登りが続いた先はハイマツ帯で、一気に展望が開けて、賽の河原に到着。

ここからは、岩がゴロゴロしたところを、手を使いながら歩いて山頂へ到着。
八ヶ岳南アルプス、富士山と、すごい展望です。
すぐ下には、金峰山小屋も見えました。
少し先に、岩の山が見えるのが瑞牆山かな。
山頂には大きな岩がそびえてて、若者が登ろうとしてたけど、あきらめたみたい。

f:id:gomashio-oyaji:20210923132257j:plain

山頂にて

f:id:gomashio-oyaji:20210923132318j:plain

山頂の五丈石

f:id:gomashio-oyaji:20210923132341j:plain

岩の瑞牆山と向こうに南アルプス

f:id:gomashio-oyaji:20210923132408j:plain

富士山

来た道を引き返し、振り返ると、山はがガスかかり始めていました。
いいタイミングで頂上に立てて良かったです。

しかし、ガスって、ホントに運なんですよね。
同じ「晴れ時々曇り」の天気予報の日でも、ガスが朝に出たり、昼に出たり、夕方に出たり。
また、この山だけ出たり、隣の山だけ出たりと、全く予測がつきません。

f:id:gomashio-oyaji:20210923132438j:plain

樹林帯の道

f:id:gomashio-oyaji:20210923132503j:plain

ガスが出てきた

f:id:gomashio-oyaji:20210923132525j:plain

あっという間に

朝日岳の登り返しがちょっと疲れたけど、いい山でした。
往復5時間ほどで駐車場に戻り、温泉に寄って帰りました。

f:id:gomashio-oyaji:20210923132549j:plain

みたまの湯